ウーマン

人気の高いプチ整形施術【ボトックスで皺が現れくい若々しい肌】

  1. ホーム
  2. 3種類の施術がある

3種類の施術がある

女性

相場は施術によって変わる

ボトックスの施術は、シワ取り、部分痩せ、ワキガ・多汗症の治療の3つの種類に分けられます。しわ取りは最も一般的な施術で、額や目尻など、表情筋によってできるシワに有効です。ボトックスは真皮層の下にある筋肉に働きかけ、筋肉が過剰に収縮するのを抑えるため、シワを根本的に改善することができます。しわの予防もでき、継続的に注射することにより、持続時間を長くすることが可能です。施術時間は約5分から10分と短いのが特徴です。部分痩せは、エラやふくらはぎなど、筋肉の張りによって太って見える部分にボトックスを注射します。ボトックスは筋肉を収縮する作用があるため、筋肉を委縮させて小さくするのです。そのためエラがなくなり小顔が実現したり、ふくらはぎの筋肉が減りスッキリとした美脚を手に入れられたりします。部分痩せに関しては、継続して注射することにより、半永久的な効果を得ることができます。施術時間も短く10分程です。ワキガ・多汗症の治療は、脇にボトックス注射をすることで神経伝達を遮断して、発汗を抑えるというメカニズムです。15か所ほどに注射そ、施術には1時間ほどかかります。効果は半年から1年程持続するので、汗をかく季節のみ施術を受けるという方法もあります。ボトックスの施術にかかる費用は、ボトックス製剤のメーカーや施術の種類によって変わってきます。シワとりの場合、最も安全性の高いと言われるアメリカ製の製剤なら1万円から1万5000円、それ以外のメーカーの製剤なら3500円から1万円が相場です。部分痩せの場合は、エラ取りならアメリカ製の製剤が2万円から10万円、それ以外の製剤が1万円から5万円となります。ふくらはぎや二の腕の部分痩せならアメリカ製の製剤は10万円から20万円、それ以外の製剤は6万円から14万円が相場です。ワキガ・多汗症の治療の場合は、アメリカの製剤なら4万円から15万円、それ以外の製剤なら2万円から6万円が相場となります。ボトックス施術を実際に受けた人の評判は、施術時間も短く傷跡も残らないと好評で、受けて良かったという声が半数以上を占めています。また、見た目年齢が5歳から10歳若返り、自分に自信を持てるようになった人も多いようです。一方、効果の持続が半年から1年と短いため、継続的に施術を受けると料金がかさむことを負担に感じる人もあるようです。しかし、近年は効果が2年から5年続くボトックスも開発されており、施術を受ける頻度も少なくなることが期待できます。